綿布団の打ち直し 羽毛布団のリフォーム 大阪

布団の種類futonnnosyurui

布団の種類



掛け布団

羽毛布団

羽毛(ダウン)と羽根(スモールフェザー)によって構成され羽毛(ダウン)が50%以上含まれるものをさします。
ガチョウやアヒルなどの水鳥の羽から採取された動物素材を用いて保温性、カサ高性、吸湿放湿性に優れています。他の布団に比べ非常に軽量で取り扱いが容易なのが特徴です。

羽根布団

水鳥の羽根50%以上で構成された布団をさします。羽毛に比べ保温性が低く通気性と弾力があります。夏物の寝具に多く使われます。また羽毛布団と混同されることがありますが風合いは全く異なり価格も安価です。

綿布団

コットン綿を重量比50%で構成された布団です。昔から最も一般的に使われてきた布団の一つです。最近では羽毛布団や合繊綿布団にやや押され気味ですがまだまだ広く使われています。

羊毛布団

羊毛(羊の毛)を用いた布団です。羊毛は吸湿性に優れているのが最大の特徴です。最近ではポリエステルなどの化学繊維を含んだ羊毛混といわれる布団が比較的流通しています。

真綿布団

真綿は蚕の繭を煮て引き伸ばして作った綿です。この綿を薄く引き伸ばして何層にも重ねたものが真綿布団です。真綿布団=綿100%の布団、と間違われることがありますが、綿布団とは全く異なるしなやかな風合いです。完成までに非常に多くの時間と労力がかかります。

合繊布団

主にポリエステルなどで構成される布団です。ホコリが出にくいものやダニ、アレルギー対策を施したものなどその繊維の特性から様々な機能を付け加え流通しています。一般的に通気性は天然繊維類と比べ劣ります。

敷き布団

綿布団

日本古来からある最もポピュラーな布団の一つ。敷き布団用に用いる綿は掛け布団に比べ繊維が太くコシのある綿を用いる場合がある。現在でも多くの人に使われている。吸湿性が高い。こまめに天日干しが必要。

羊毛布団

羊の毛を用いた敷き布団。100%羊毛のものと化学繊維やウレタン系の素材で構成された羊毛混敷き布団などがある。

合繊布団

現在市販されている敷き布団で最も出回っている敷き布団。軽くて安価なものが多く、繊維の特性によっては誇りの出にくいものやダニ対策を施したものがある。吸湿性が天然繊維と比べやや劣る。

ウレタン製敷き布団(低反発を除く)

比較的、健康敷き布団の類に多い。耐久性や透湿性に優れている。取り扱いが簡単なことや日干し不要などのメリットもある。価格は商品によって様々だが他に比べ高価であることが多い。

低反発布団

ここ最近になって爆発的に普及し始めた商品。ウレタン素材で密度が高く、形が自在に変化する。特性上、通気性が劣る。当初は高価な商品だったが類似品などが出回り安価なものが出始めた。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional