綿布団の打ち直し 羽毛布団のリフォーム 大阪

布団の干し方futonnnohosikata

布団の干し方

布団を干す

布団の最も簡単で効果的なメンテナンスの一つとして布団を干すことです。
布団を干すことにより内部の湿気を放出することで吸湿性や保温性が回復したりダニの住み付きにくい環境になります。

布団の種類によって干す回数や時間、方法が異なります。逆効果になってしまわないように下記を参考にしてください。


布団を干すときの注意点

干す時間帯は午前10時~午後2時ごろが最適

朝の早い時間帯は夜露が蒸発するので湿気が多いので避けてください。夕方頃も湿気が多くなり布団干しには不向きな時間帯です。

カバーを掛けて変色を防ぐ

直射日光に当てて干す場合は布団カバーをつけたまま干していただくと変色を防ぐことができます。

雨の日の翌日に干さない

雨の日の翌日は晴れていても地上から蒸発した水蒸気が多いので布団干しには不向きです。

黒い布などを掛けて干すと効果的

日光の吸収が早くなるので布団をしっかり乾燥できます。

布団は叩かない

布団叩きすると生地が傷むので好ましくありません。ホコリ等が気になる場合は軽く払うか掃除機に布団ノズルをつけて吸い取る。

地面からある程度、離して干す

地面に近いところは湿気が多いので物干し竿で高いところに布団を
掛けて干してください。

干せない場合、広げて通気性をよくする

干す時間がない、重くて干せない、ベランダに出せないなどの場合椅子に布団を掛けて窓を少し空け通気性をよくするなどで対応できます。
扇風機で風をあてることやエアコン除湿モードでもよいかと思います。



布団を干す時間

生地の劣化防止のためカバーや薄い布などを掛けて干すと良いでしょう。

綿布団

日干しで裏表2~3時間程度、週1回程度

合繊布団

日干しか陰干しで表裏2~3時間程度、週1回程度(元々吸湿性が低いので少なめでも可。)

羊毛布団

陰干しで表裏1~2時間程度、月2回程度

羽毛布団

陰干しで表裏1~2時間程度、月1回程度

真綿布団

陰干しで表裏1時間程度、月1回程度

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional