綿布団の打ち直し 羽毛布団のリフォーム 大阪

リフォームrifo-mu

羽毛布団リフォームとは

「羽毛布団の打ち直し」と呼ぶことがありますがここでは「羽毛布団のリフォーム」といいます。

羽毛布団は一生モノではありません。正確に言えば一生使い続けることも可能ですが、その間にもやはりメンテナンスは必要です。

購入後、10年程度経過しますと普通に使用していても

  • 羽毛が吹き出す
  • エリ元が黄色く変色する
  • 皮脂等が付着し湿っぽくなる
  • 羽毛が片寄る

など、見たり触ったりで確認できるようになります。

こなると羽毛布団が持つ本来の保温性が失われしまいます。
そこで羽毛布団のリフォームです。

羽毛布団リフォームの作業工程は羽毛布団から中の羽毛を取り出し、洗浄、除塵を行い再び新たな生地に羽毛を充填し布団に仕上げるサービスです。

最低でも3年に一度は羽毛布団のクリーニング、そして10年前後でリフォームされることをおすすめします。
(使用環境や使う人によりリフォームの目安は変わります。男性は7年程度、女性は10年程度が多いです。)


羽毛布団リフォームのメリット&デメリット

メリット

  • ふっくらと新品同様に仕上がる
  • 保温力が回復する
  • 寝心地が良くなる

デメリット

  • 風合いが若干変わる場合がある
  • 同じ生地を用意出来ない場合がある(絹など)
  • 場合によっては割高になることがある

羽毛布団は7~10年ごとにリフォーム

羽毛布団は購入してから一生ものではありません。
使用状況にもよりますが10年を目安にリフォームをご検討いただければよいかと思います。

5月ごろがリフォームのピークです

地域や住環境にもよりますが5月ごろからリフォームされる方が多いです。
ゴールデンウィークを過ぎたあたりから気温もあがってきますので使わない時期にリフォームされるといいでしょう。

納期は2~3週間を目安に

お預かりからお渡しまで2~3週間くらです。
夏場にリフォームされるのは問題ありませんが少し寒くなり始め気温が不安定な10~11月ごろにお預かりしますと出来上りまでの間、布団がなくて困ってしまいます。出来るだけ夏場にリフォームされることをおすすめします。

捨てずにリサイクル

「羽毛布団が打ち直し(リフォーム)できるなんて知らなかった」と、よく言われます。リフォームできることを知らずに捨ててしまう方もおられます。新品同様に仕上がるリフォームならばエコ&リサイクルを推進できます。




お問い合わせ
メールでのお問い合わせ メールお問い合わせフォームはこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional